小顔になって美しくなろう|シュッとした印象を作り出せ

女性

ボトックスで小顔に見せる

目を閉じる女性

顔が大きく見える原因に筋肉の大きさがあります。人よりも多少顔まわりにある筋肉が発達していると全体的に顔が大きく見えてしまうのです。筋肉を小さくするといっても簡単ではないため、美容外科に行って施術を受けるのも一つの方法です。筋肉をとりあえず小さくするための方法の一つにボトックス注入があります。この方法はボトックスといわれる成分を注射器で顔まわりの筋肉に注入する方法です。このボトックスにより筋肉の働きが弱まり顔の筋肉である咬筋という部分が小さくなる効果があるのです。顔まわりの筋肉がほっそりとすることで全体的に小顔に見える効果があります。このボトックスは効果が高いといわれる分、危険性が高い物なのではと危惧する人も少なくありません。そもそも、ボトックスはボツリヌス菌といわれる毒素から取り出すことができる物質です。ただ、毒素といってもボトックス注射に活用される成分に毒素はありません。このため、安全性も高いといわれているのです。ボトックス注射はあくまで筋肉を小さくさせることができるものため、小顔にしたいという人に向いている施術なのです。顔をどうしても切るのが嫌だという人や、顔を物理的に小さくしたいという人にとっても効果を得られる施術のため人気を集めているのです。

自然な仕上がりになるのもボトックス注射の特徴です。このため、プチ整形をしたと気づかれずに小顔になれることも少なくありません。施術自体も長い時間かからないことからより気軽に試せるものといわれています。ただ、効果が切れることもあります。あくまでボトックスの効果が働いている内しか効果を実感することはできないため、定期的に注入を行う必要があります。半年ほどで効果が切れる人もいれば、1年以上効果を保つ人もいます。このため、効果の持続性は一概に断言できません。ただ、効果をできるだけ早めに実感できるのも特徴です。一ヶ月ほどで効果を得られる人も多いため、卒業式や入社式などに合わせてこの施術を行う人も多いのです。シンプルな方法ですが、一度行ってこの効果を実感する人も多数います。自分にあった小顔になる方法を見つけておくことも大切なため、一度美容外科に行き、どのような施術なのか聞いておくのもいいでしょう。